Calendar
<< May 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031
Search this site.
Tags
Archives
Recent Comment
Others
Admin

マサラップ! ボランティア体験記00 四日目

7月13日(火)
 09:00 ホテルに向かえが来てくれて、ジュリ宅で朝食。

昨日は忙しく過ごしたので、この日は、ゆっくりとお楽しみの予定。ジュリが案内してくれて、チャーターしたバンカーボートで珊瑚礁の海へ。。。水深3~8Mの海は、別世界。
魚もたくさん。イソギンチャクには定番の「ニモ」がいて、イカやウニもいっぱいです。
 朝から、雨模様の天気だったので、日焼け止めクリームを持っていたのに塗らなかったのが大失敗。帰国してからも背中の日焼けに悩まされました。

P1010732.jpg

教訓:たとえ嵐で太陽が出ていなくても、フィリピンで海に出るときは、日焼け止めを使うこと。………………を学びました。

昼食は、ご飯とフライドチキンを持って行き、船上でいただきました。続けて、海に入ったのですが、30分もしないうちに、だんだんと風が強くなってきて、船長さんから引き上げの合図。。。時折雨も降ったりで、怪しい雲行き――――――後日の台風へつながる前触れでした。

 一度ホテルへ戻って、荷物をまとめ、ファームオーナーのジュリの家の裏手にあるバンブーハウスへ移動。ここで一泊の予定です。このハウスは、私の友人ハギ氏が設計して、現地の人々が建築した建物。スタッフやボランティアの人たちが滞在するために造られたものです。造りはきわめてシンプル。部屋が二つでトイレ等なし。母屋のバスルームを拝借します。(実は、まだ建築途中で、完成すると、さらに二部屋できる予定だそうですが、今は屋根付きの広場として、それなりに実用的だったりします。)


P1010941.jpg

この移動の間も、激しい雨が降り続け、台風が来そうだと聞きましたが、はい。そうですかと軽く聞き流していました。ベリービッグとかストロングとかもあった気がしますが…

 バンブーハウスでくつろいでいると、セントラルスクールでサッカーをしていた少年達が集まり始め、スタッフのレイズがパソコンで披露してくれる記録写真を見て、歓声をあげています。私のサヨナラパーティに集まってくれた小学生と卒業したばかりの中学生です(フィリピンは、新学年は、6月から始まるようです)。

 小学2年生から英語を習っているだけあって、話していることは理解しているようですが、男の子達はちょっと控えめ。それに比べると、女の子達は、家族は? 仕事は? 日本ってどんな所?
と積極的に話しかけてきます。(たじたじ………………)度々の停電もありましたが、楽しく過ごしました。あ、ちょうど誕生日の子がいて、はっぴばーすでー!!!しました。

P1010881.jpg

 さて、楽しいひとときを過ごして、明日はポリリオ島ともお別れ。。。と思っていたところへ、明日の定期船は欠航。との知らせが入ってきました。ポリリオ島のすぐ東で、低気圧が台風になったそうです。発生した場所から、距離が近いので、「台風に備える」間もないのです。  それでは、バンブーハウスへ2泊だね。。。仕方ないね~~~~~~~  夜中は、強い風が吹き続け、雨が強く降ったりやんだりと日本でもおなじみの台風の天気でした。バンブーハウスは、思ったよりもずっと丈夫で、雨漏りや風で揺れることもなく、安心。ハギ!よくやった。

permalink * comments(0) * trackbacks(0) * Edit

このページの先頭へ