Calendar
<< September 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
Search this site.
Tags
Archives
Recent Comment
Others
Admin

マサラップ! ボランティア体験記00 七日目

7月16日(金)
  8:00 起床。ホテルの近くのスターバックスで朝食。
 ホテル近辺の安全と教えられたデパート等を散策。グリーンベルトという建物の、地下には、日用品なども通常価格で販売しています。(お土産特価ではなくてgood)
 12:00 ジュリがホテルに来てくれて、車で空港へ。駐車場がないので、車を停めて、荷物を降ろすとサヨナラ…。お礼を言う間もないほどあわただしいかったので、もう一度。ありがとう!!

P1020285.jpg P1020290.jpg

 飛行機は、ボーイング777。無事に帰国。自宅に着いたのは、22:00を過ぎていました。

P1020299.jpg

writen by Yosshi

permalink * comments(0) * trackbacks(0) * Edit

マサラップ! ボランティア体験記00 六日目

7月15日(木)
 4:30 起床。まだ真っ暗な中を港へ向かいます。
 往路で使った船をでっかくしたようなバンカーボートは、前日が欠航だったためにこの便を利用する人が多くて満員。オートバイも積んでいたりします。

「さよなら。ポリリオ。また来るからね。」
 
 船の中で、夜明けを迎え、リアル港に着いたときには南国の太陽がまぶしい。。。

P1020135.jpg

 港からは、山越えをして、マニラ市へ。途中で、大きな木が倒れていたり、電線が垂れ下がっていたりと、台風の爪痕もあちこちに。。。

P1020172.jpg P1020184.jpg

 山道が終わって、平坦な田園風景に変わり、そして都会へ。。。 時間を超えたような感じがします。


P1020210 (2).jpg

 ホテルへチェックイン。現代風の大都会の面を持ちながら、一時代前の日本と、まだ発展していない地域などが混在する不思議な空間――――――を感じました。

P1020230.jpg

 ここで、車を運転してくれたジュリは自分のアパートでお休み。レイズが案内してくれて、アラヤ博物館へ行き、フィリピンの歴史についてお勉強。5年位前にできたこの博物館は、都会の中にあって、ホテルのすぐ近く。レイズが歴史に詳しくて、説明も上手。夕方まで過ごしました。行く価値ありです。レイズが易しい英語で説明してくれて、質問にも答えてくれるので、一緒に行くのがベストでしょう。

 夕食は、ジュリも合流して、近くのレストラン。「何がいい?」「スシ? ラーメン? テンプラ?」と、日本食が恋しいだろうと気を遣ってくれたのですが、「フィリピンの定番を…」とリクエストしたら、レッドクラブという店に連れて行ってくれました。日本のファミレス感覚。親子連れや会社帰りのサラリーマン風の人でいっぱい。

P1020248.jpg P1020251.jpg

マサラップ! 満足しました。
permalink * comments(0) * trackbacks(0) * Edit

マサラップ! ボランティア体験記00 五日目

7月14日(木)
 台風一過の朝は、日本でも同じ。風はまだ強く吹いたりしていても、空気がさっぱりした感じ。でもあたりを見ると………………

P1010938.jpg

パパイヤの木は、折れ曲がり、バナナも根本付近でぐにゃり。両方ともこれから実がなるという時期に入っていたのに――――――残念。
 でも、現地の人たちは、がっかりとか残念などと言わずにさっさと片付け。。。ダメになったものは、ざくざくと切り刻んで、畑の隅へ持って行き、肥料にするらしい。

 ジャトロハの苗床も日よけのネットが倒れてしまい、補修が必要。

P1010933.jpg

 バンブーハウスも無傷とは行かずに、屋根に穴が…

P1020012.jpg

 住んでいる人たちが見ても、かなり強い台風だったようでした。
午前中は、片付けと、材料の調達。午後に補修をして、夕方には、できあがり。。。
「大したことじゃないよ」というように、てきぱきと作業を終わらせてしまいました。
私も、竹を組んだり、ネットを編んだりとお手伝いしてきました。共同作業をすることで、お互いに信頼が深まったように感じました。


P1020039.jpg P1020072.jpg

出来映えは、台風前より良さそうです。


P1020088.jpg

 夕食の時に、テレビのニュースで、マニラ近辺が大変なことになっていると知って、オドロキ。港では、大きな船が9隻も沈没し、あちこちが洪水で、マニラも停電。死者も出たということでした。
 翌朝は、5時30分の一番の定期船で、本島に渡るので、荷物を用意しておくようにと言われて、バンブーハウスで二日目の夜を過ごすことになりました。

permalink * comments(0) * trackbacks(0) * Edit

マサラップ! ボランティア体験記00 四日目

7月13日(火)
 09:00 ホテルに向かえが来てくれて、ジュリ宅で朝食。

昨日は忙しく過ごしたので、この日は、ゆっくりとお楽しみの予定。ジュリが案内してくれて、チャーターしたバンカーボートで珊瑚礁の海へ。。。水深3~8Mの海は、別世界。
魚もたくさん。イソギンチャクには定番の「ニモ」がいて、イカやウニもいっぱいです。
 朝から、雨模様の天気だったので、日焼け止めクリームを持っていたのに塗らなかったのが大失敗。帰国してからも背中の日焼けに悩まされました。

P1010732.jpg

教訓:たとえ嵐で太陽が出ていなくても、フィリピンで海に出るときは、日焼け止めを使うこと。………………を学びました。

昼食は、ご飯とフライドチキンを持って行き、船上でいただきました。続けて、海に入ったのですが、30分もしないうちに、だんだんと風が強くなってきて、船長さんから引き上げの合図。。。時折雨も降ったりで、怪しい雲行き――――――後日の台風へつながる前触れでした。

 一度ホテルへ戻って、荷物をまとめ、ファームオーナーのジュリの家の裏手にあるバンブーハウスへ移動。ここで一泊の予定です。このハウスは、私の友人ハギ氏が設計して、現地の人々が建築した建物。スタッフやボランティアの人たちが滞在するために造られたものです。造りはきわめてシンプル。部屋が二つでトイレ等なし。母屋のバスルームを拝借します。(実は、まだ建築途中で、完成すると、さらに二部屋できる予定だそうですが、今は屋根付きの広場として、それなりに実用的だったりします。)


P1010941.jpg

この移動の間も、激しい雨が降り続け、台風が来そうだと聞きましたが、はい。そうですかと軽く聞き流していました。ベリービッグとかストロングとかもあった気がしますが…

 バンブーハウスでくつろいでいると、セントラルスクールでサッカーをしていた少年達が集まり始め、スタッフのレイズがパソコンで披露してくれる記録写真を見て、歓声をあげています。私のサヨナラパーティに集まってくれた小学生と卒業したばかりの中学生です(フィリピンは、新学年は、6月から始まるようです)。

 小学2年生から英語を習っているだけあって、話していることは理解しているようですが、男の子達はちょっと控えめ。それに比べると、女の子達は、家族は? 仕事は? 日本ってどんな所?
と積極的に話しかけてきます。(たじたじ………………)度々の停電もありましたが、楽しく過ごしました。あ、ちょうど誕生日の子がいて、はっぴばーすでー!!!しました。

P1010881.jpg

 さて、楽しいひとときを過ごして、明日はポリリオ島ともお別れ。。。と思っていたところへ、明日の定期船は欠航。との知らせが入ってきました。ポリリオ島のすぐ東で、低気圧が台風になったそうです。発生した場所から、距離が近いので、「台風に備える」間もないのです。  それでは、バンブーハウスへ2泊だね。。。仕方ないね~~~~~~~  夜中は、強い風が吹き続け、雨が強く降ったりやんだりと日本でもおなじみの台風の天気でした。バンブーハウスは、思ったよりもずっと丈夫で、雨漏りや風で揺れることもなく、安心。ハギ!よくやった。

permalink * comments(0) * trackbacks(0) * Edit

マサラップ! ボランティア体験記00 三日目

7月12日(月)

 この日は、「ボランティア体験記01」の日です。私の人生で一番長い日になりました。

05:00 起床。ジュリ宅で朝食。

06:00 ジャトロファ農場へ向けて出発。ハイキングでなくて登山に近い感覚。。。生まれて初めて馬に乗ったよ。 農場へ行くには、バイクの後ろに乗って、約10分。馬に乗って、約40分。最後に歩きで約10分。の行程です。よごれていい格好をしておくこと。途中、沢のように水が流れている所を何度か横切ります。スニーカーだと泥と水でグチャグチャになる覚悟をしておいてください。スタッフが、ビーチサンダルでどこでも行っちゃう理由がわかりました。荷物は、ディバックのように背負えるものでないと苦しい。今回は、雨には降られませんでしたが、100円均一で売っているポンチョがあれば、傘はいらなくていいかもしれません。

07:00 ファーム着。ジャトロファの苗を記念植樹。要するに、椿の仲間だと気づきました。でも、成長が早くて、8ヶ月前に植えた苗が、もう実を付けていました。米も、三毛作ができるので、単純に考えると、日本の三倍のスピードで植物が育つことになるのかな。。。。


P1010418.jpg

09:00 下山して、一休み。汗だらけの服を着替えて、ビナクルバヤン小学校へ出発。

11:00 小学校に到着。子供達の盛大な出迎えを受けて、スカラーシップ贈呈式。そして給食の昼食。(私のために用意してくれた特別豪華な食材、、、と見受けました。)おいしくいただきました。マサラップです。

13:00 小学校を出て、下山。

14:00 ホテルへ戻り、休憩。

15:30 ホテルから5分ほどの距離にあるセントラル小学校で、サッカーの練習を見学。

P1010627.jpg

18:00 ジュリが経営するウォーターショップ(飲用水の販売店)へ立ち寄り、見学。

19:30 ジュリ宅で夕食。。。いただきました。マサラップ~

21:00 島で唯一のカラオケショップへ繰り出す。英語で歌える曲を知っているといいかも……です。

23:30 ホテルへ帰還。ベッドでくっすり。。。ZZZZZZ
permalink * comments(0) * trackbacks(0) * Edit
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8

このページの先頭へ